ピンクコンパニオンのサービスには、限界というものがある?

ピンクコンパニオンのサービスに限界を作るようなら、これほどの人気を獲得することはできないでしょう。

ただしマナーやルールは大事。

紳士であることです~。

■浮き世の世界にはみんな表と裏がある。

「ピンクコンパニオンのサービスには、限界というものがあるのか」という問いに対しての答えを単刀直入に言うならNOです。

ピンクコンパニオンに限らず物事には表と裏があるので、そこは少し期待してもいいです。

いま風俗業界の取締りも厳しくなり、また働き方改革とやらが忍び寄っています。

そこで派遣会社では、“性的な行為はお断り”といったような看板を掲げているところもありますが、事実上は、宴会の席などから個室に誘われることもあります。

■個室とは果たして何をするところなのか。

個室とは何かというと、ズバリ1対1でセックスを楽しむ部屋のことです。

地方の旅館などに行くと、それが前提であるかのように、最初からセッティングされています。

ただしすべての旅館やホテルがそうではありません。

またピンクコンパニオンの女の子たちが、宴会の席に座ってそれほど盛り上がってもいないのに、男のほうから強引に誘い込むと嫌われることもあります。

◎モテる男性の特徴とは?ご参考までに・・・https://news.merumo.ne.jp/article/genre/8326373

■個室にゴールインするには、それなりの盛り上がりとお互いのマッチングが重要です。

“誰でも”というワケではありません。

金さえ出せば誰でも寝てくれるなど、それは男子の思い上がりというもの。

宴会の席ではそれなりのマナーを守ってピンクコンパニオンをうまくリードしましょう。

話が弾んで意気投合したら、そのタイミングでヒソヒソやってみるのがコツ。

ガツガツのミエミエでは、嫌われてしまいます。