フロアレディとピンクコンパニオンの違いってどこにある?

フロアレディとピンクコンパニオンとでは、似ているようで役割が違います。

性的なエッチを満喫したいなら、ピンクコンパニオンと呼称しましょう。

■性的なサービスはしないのがフロアレディ。

業界によって位置づけや役割は異なりますが、風俗の世界でフロアレディと呼ぶ場合には、配膳係、接客担当、昔で言うところの酌婦です。

いわゆる風俗の世界で仕事をしていても、性的なサービスまではやらない女の子たちのこと。

俗に言うピンクコンパニオンとかシースルーコンパニオンとは少し位置づけが違います。

派遣会社によっては、それを転職のステップに使うところもあります。

■フロアレディは女の子たちの研修の場。

ピンクコンパニオンの女の子を派遣する会社といっても、それだけを本業としている会社は少ないです。

多くはデートクラブとか昔のノーパンパブのような店を経営し、可愛い女の子たちを雇っています。

そこで働く女の子たちは、たとえば素人から入店しても、そこで接客に慣れてピンクコンパニオンに転職する女子が多くいます。

見方を変えれば、ステップアップの場所、研修所になっています。

■女の子を依頼したいときは、フロアレディではなくピンクコンパニオンと呼んで、確認したうえでOKしましょう。

似たようなものですが、フロアレディとピンクコンパニオンとでは、先にお話ししたように少し役割が異なります。

通常、エッチプレイを中心とするような宴会の席にはピンクコンパニオンを指定して呼びます。

フロアレディという呼び方は、女の子たちに対する求人の際に良く使われる単語です。