温泉地に行って、ピンクコンパニオンと露天風呂の貸切は?

ピンクコンパニオンと一緒に貸切の露天風呂に入るのは、男性にとっては至福の時間です。

一時は見合わせていましたが、いまでは大半が解禁・再開しています。

■ほとんどの地元旅館で貸切が再開。

一時期は、泥酔した男性客とピンクコンパニオンの女の子たちとの騒がしい様子に苦情が相次ぎ、露天風呂の貸切を見合わせる旅館が多くありました。

しかし最近ではそのような事例・案件が少なくなったことで、露天風呂の貸切・混浴を解禁している旅館が大半です。

ただし貸切を利用するには、事前に旅館に申し出てピンクコンパニオンを派遣してもらう必要があります。

■旅館の提携先からの派遣が前提条件。

事前に旅館に申し出るとは、旅館が提携している“ピンクコンパニオンの派遣会社からの派遣に限る”ということです。

温泉街のチラシを使って外から勝手にオーダーしても、宿泊している旅館の露天風呂を貸切にしてくれることはありません。

貸切にする、あるいはピンクコンパニオンを旅館が提携先にオーダーすることで、それなりのマージンが得られる仕組みになっているからです。

■旅館がピンクコンパニオンの料金からマージンを取ったとしても、それで客側の費用が増えるわけではありません。

提携している旅館であれば、ピンクコンパニオンのオーダーも、露天風呂の貸切も、そして何より“個室の用意”もスムーズです。

旅館を通したからといって料金の負担が客に及ぶことはありません。

勝手をするより旅館を通したほうが安全・安心です。